ガジェット購入体験談ブログ ガジェコン

ガジェコン

文具・カメラ用品

2023.01.29

革とクロムメッキのデザインが上品な
スリップオン レターオープナー

ブランドスリップオン(Slip-On)
商品名スリップオン レターオープナー
材質金属、イタリアンオイルドレザー
サイズ0.7 x 2.4 x 18.2cm
重量35g
価格帯1,000円台〜

CONTENTS

目次

レターオープナー・ペーパーナイフはあると便利

  • 自宅に届くDMや封筒をスパッと綺麗に切れる
  • ハサミやカッターほど鋭利ではないから安全性も高い
  • レターオープナーは大人の机上品だからちょっとイイモノを使いたい

プレゼントにも最適なレターオープナー、ペーパーナイフ。大人の机上品は、シンプルで上品なレターオープナーがいい。普通のカッターやハサミで代用できるから生活になくても困らないけれど、あると便利なのがレターオープナー・ペーパーナイフです。スリップオン(Slip-On)のレターオープナーは、クロムメッキと天然革のデザインが上品さを感じる逸品です。

ハサミやカッターよりも真っ直ぐ切りやすい

レターオープナー・ペーパーナイフは、ハサミやカッターで代用出来るから生活になくても困らないけれど、その違いは切れ味の差。ハサミやカッターは刃部分が鋭利だから、角度を間違えると切る方向もズレてしまいます。

刃の面が少し傾斜角度が付いていて真っ直ぐ切れる

その点、レターオープナー・ペーパーナイフは刃面が少し傾斜している設計なので、封筒の折り目に沿って真っ直ぐ切りやすいんです。この傾斜角度が封筒の折り目に対するガイド代わりになっているんですね。実用性が高いです。

丸みのある刃で安全性が高い

ハサミやカッターほど刃が鋭利ではないので安全性も高いです。刃は全体的に少し丸みがあり、誤って刃部分を手で掴んでしまっても指をケガしたりしないですし、封筒の中身を切り裂いたりもしません。カッターの場合、切れ味が良すぎるので誤った方向へ切ってしまうと、中身も一緒に切ってしまうこともありますよね。レターオープナーは開封に特化した専門用品なので、封筒の中身も手や指も傷付けにくい仕様になっています。

実際の切れ味はどうなの?

スパッと切れました

実際の切れ味は写真で見てもらった方が早いですね。下の写真は切り口の断面図です。封筒の切り口は多少ギザギザしてますが、真っ直ぐに切れているし、中身の書類も傷付けたりしてませんでした。

中身の紙や書類を傷つけないというのが実用面では結構重要で、開封時に中身を気にしながら切るのか、気にしないで切るのかで注意力も変わるし、開封にかける時間も変わります。筆者はスリップオン(Slip-On)のレターオープナーを手にしてからは、封筒の中身を気にせずにスパスパッと大胆に開封出来るようになったのが、気持ちの面で変わったところですね。レターオープナーって値段もそんなに高くないし、いつかは買おうと思いつつずっと持っていなかったけれど、使ってみると手放せないですね。レターオープナーって文具の中でも専門用品だし、実用性が高いです。

スリップオン(Slip-On)レターオープナーのデザイン

グリップには天然革

イタリアンオイルドレザーをグリップ面に貼ったデザインで、ツルッと滑ったりはしないです。製品の厚みや長さも扱いやすいサイズ感で、この革貼りは滑り止め効果にもなっているし、金属面とのコントラストも素敵なデザインになっています。

金属の材質

金属部分の材質は亜鉛合金と記載がありました。さらにクロムメッキ仕上げで、このなめらかなツヤが出ています。粘着性の強い封筒の開封すると、メッキ部分に接着剤のベトベトが付いてしまうことがあるので、刃についた汚れは定期的に拭き取りましょう。

金属と革のコントラスト

スリップオン(Slip-On)のレターオープナーのデザインの売りは、クロムメッキとイタリアンレザーのコントラストです。天然革の部分があると、温かみというか味わいが出るし、机上の文具としても高級感が増します。自己満足の世界ですけどね。筆者が購入したカラーは「チョコ」なので、写真だと革の質感が少し分かりにくいですが、他にもレッドやネイビー、キャメルといったカラフルなカラーラインアップがあります。

色々なレターオープナー

筆者が購入したのは、クラシック感のあるデザインのスリップオン(Slip-On)のレターオープナーですが、他にも色々な種類のレターオープナー・ペーパーナイフがあります。

ミドリのレターカッター

個人的に気になるのは、愛用しているダンボールカッターでもお世話になっているミドリのレターカッターです。こちらの商品はダンボールカッターと同様にセラミック製で鋭利な部分が全くないので、安全性はすごく高そう。さらに封筒裏表の両面から抑え込みながら開封する使い方だから、ミドリのレターカッターも真っ直ぐ切れそうです。

クラシックデザインのペーパーナイフ

こちらはスリップオン(Slip-On)のレターオープナーと同系統のクラシックな趣のあるペーパーナイフです。見た目も使い方もシンプルだから使い方や説明書を読む必要はないし、レトロなデザインが好みの方はこういった趣のあるレターオープナー・ペーパーナイフを探してみてくださいね。

ミドリのレターオープナー・ペーパーカッター

またまた登場ですが、ミドリの文具シリーズからレターオープナーとペーパーカッター、両方の機能が備わった2way仕様の商品です。封筒も開封出来るし、一枚紙のカットも出来るペーパーカッターです。雑誌や新聞の切り抜きをする人には、一石二鳥のこちらの商品がおすすめです。

まとめ

レターオープナー・ペーパーナイフを使うと、安全性は高いし開封時のストレスはないし、真っ直ぐに開封できる。

●レターオープナーはあると便利 ●開封に特化した専門用品だから実用性が高い ●ハサミやカッターよりも安全性が高い

レターオープナー・ペーパーナイフは、シンプルでクラシックなデザインの物から一石二鳥の2way仕様まで、色々な種類があるから用途に合わせて選べるし、値段もそんなに高くないので持っておいて損のない文具ですね。




SHARE

シェアする

この記事のタイトルとURLをコピーする

TAGS

タグ

WRITER: tuna

観葉植物とカメラと釣りが好きな中年サラリーマン。ガジェットやインテリアは、レトロ&ハイテクが融合したデザインのモノが好き。

LATEST

最新記事

RANKING

アクセス数ランキング