ガジェット購入体験談ブログ ガジェコン

ガジェコン

釣り・アウトドア

2023.05.28

SOTO 新型シングルバーナー ST-340
オプションパーツやカスタム例

ブランドSOTO(ソト)
商品名レギュレーターストーブ ST-340 Range
対応燃料CB缶(コンビニでも売ってる細長いガス缶のことです)
最大火力3.3kW(2,800kcal/h)※SOTO ST-760使用時
使用時サイズ幅166 x 奥行142 x 高さ110mm
収納時サイズ幅140 x 奥行70 x 110mm
重量360g(本体のみ)
適正調理器具中型(直径11~19㎝)の調理器具
材質ステンレス、アルミダイカスト、樹脂
付属品専用収納ケース
価格帯8,000円台

CONTENTS

目次

名作SOTO ST-310の新型モデルST-340

キャンプ道具や釣り具など、アウトドア用品ってとにかく1gでも軽くて携帯性が良くて丈夫なモノがいいんです。安定した火力で軽量・コンパクトなSOTO ST-310は、名作キャンプギアとしてソロキャンプやバイクツーリングで長らく定番化していました。

そのSOTO ST-310が、2022年ついにアップグレード。名作の名に恥じない新型のSOTO ST-340は五徳サイズや火力がアップし、さらに使い勝手が良くなりました。燃料はコンビニで買えるCB缶で、直感的に扱い易く、キャンプ初心者やキャンプデビューを考えている人、バイクツーリングやミニマルキャンプにおすすめのキャンプ道具です。今回はST-340をレビューします。

ST-310からの主な変更点はこちら

  • バーナーヘッド(火口)が大型化
  • 点火アシストレバーが標準搭載
  • 重量と火力と価格が増した

ST-340はこんなキャンプ道具です

CB缶と一体型のシングルバーナー SOTO ST-340は、コンパクト性や携帯性を重視する人に向いています。ST-340は初心者でも直感的に扱い易く、火力も十分でお手頃価格なので、これからキャンプデビューする人やキャンプ初心者にうってつけのキャンプ道具なんです。

逆に雪山や過酷な環境、手の込んだ本格的な調理を楽しむには少し役不足かもしれません。本格的な用途ならアウトドア仕様のOD缶のバーナーが良いでしょう。ST-340はさまざまなアウトドア、レジャーシーンで活躍する万能選手といった位置付けです。

燃料はキャンプ初心者でも安心のコンビニでも買えるCB缶

ST-310からの変更点

ST-310もST-340も超コンパクトなシングルバーナーだから、とにかく携帯性が抜群。新型のST-340は、五徳のサイズと火力がアップしました。ソロキャンプや二人キャンプで使う中型の調理器具が扱い易くなりました。

使用時と収納時のサイズは、ST-310もST-340も同じです。重量だけST-340が30g増しました。

比較項目ST-340ST-310
最大火力*3.3kW(2,800kcal/h)2.9kW(2,500kcal/h)
使用時間*1.4時間1.5時間
点火アシストレバー標準搭載なし。オプションパーツを別途購入
火口サイズ66mm45mm
使用時サイズ幅166 x 奥行142 x 高さ110mm幅166 x 奥行142 x 高さ110mm
収納時サイズ幅140 x 奥行70 x 高さ110mm幅140 x 奥行70 x 高さ110mm
重量360g(本体のみ)330g(本体のみ)
価格帯8,000円台6,000円台
適した調理器具サイズ直径110〜190mmと相性がいい直径120mmくらいまでが相性がいい

*燃料はSOTO純正のCB缶、ST-760を1本使用時の参考例です

サイズアップした五徳

五徳サイズがアップしたので、中型の調理器具(Φ11〜19cm)が扱い易くなりました。ST-340の五徳サイズを測ってみたら内径は約47mm、外径は約142mm。一方でST-310の五徳の内径は47mm、外径は130mmだったので、ST-340は外径だけ10cmほどサイズアップし安定感が増したんですね。

対荷重は5kg

こんなに小さなキャンプ道具なのに、対荷重は5kgまであります。ソロやデュオ用のスキレットやホットサンドメーカーなら問題なく使えます。一般的なアルミやチタンクッカーなら対荷重は5kgもあれば十分です。

火の広がり方も変わった

火口サイズは直径66mmです。中型調理器具の底面を広範囲に均等に温めることができるのため、加熱効率が上がりました

一方で、ST-310の火口は直径45mmで火の広がりは中央に集中していました。ミニサイズの調理器具やシェラカップを調理に使う場合は、ST-310の方が使い勝手や安全面はいいかもしれません。

点火アシストレバーが標準搭載

ST-310ではオプションパーツやカスタムポイントだった点火アシストレバーが、新型のST-340からは標準搭載されているのはGoodポイントですね!

ST-340専用のオプションパーツとカスタム例

SOTOのST-310シリーズは、純正品も社外品もオプションパーツが多く展開され、自分好みにカスタムするのも楽しみの一つでした。カスタム事例もネットに沢山の記事があるので参考にしましょう。

しかしST-340専用のオプションパーツはまだ少ない

ST-340は発売されてまだ間もないため(2022年発売)、専用パーツが少なかったり、ST-310では使えたけれどST-340では使えないパーツもあるので、購入時の適合性チェックは怠らずに。

N-project フルチタン遮熱テーブル

N-projectのチタン製キャンプギアがカッコいいです。冒頭にも書いた通り、アウトドア用品は軽さが大正義ということで、奮発してN-projectのフルチタン遮熱テーブル購入しました。

チタン素材は軽くて頑丈。N-projectのチタンテーブルは色合いもmacbookのスペースグレーっぽくてカッコイイです。

N-project ST340専用チタン風防

ST-340の唯一の弱点は「風」なので、風防はあった方が良いと思います。風防があると安全性も上がるし、買って損はないアイテムです。ただ純正品以外のオプションパーツは保証対象外なので、自己責任で楽しみましょう。N-projectの風防はST340専用というだけあって、風防の爪部分がST-340の火口部分にパチっとぴったりセットできました。

アシストグリップは定番且つ必須パーツ

ST-310やST-340の足部分に装着するアシストグリップも忘れてはなりません。これは定番のオプションパーツです。五徳の滑り止め効果や電動熱をカバーするアイテムです。

純正のアシストグリップは新富士の公式サイトでしか買えませんが、同じシリコン素材のチューブを代用すればホームセンターやamazonでも買えます。装着の際はチューブ内に食器洗剤を1〜2滴垂らすとスムーズに装着できます。洗剤なしで強引に装着すると、途中でつっかえるので強引な装着は気をつけましょう。食器洗剤の利用を推奨します。

↓セット販売であれば、純正品のアシストグリップも販売されていました。

ソロキャンプやバイクツーリングなどミニマルキャンプに最適

ミニマルキャンプのお供にST-340

SOTO ST-340はソロキャンプやバイクツーリングなど、軽量でコンパクトなキャンプのニーズに応えます。テントやテーブルなど、家具系のキャンプ道具はどうしてもコンパクト化しずらいもの。だから他のキャンプ道具は出来るだけ小さくまとめたいですよね。ST-340はCB缶(コンビニで買える)仕様だし、ミニマルキャンプやキャンプ初心者にうってつけです。

WHATNOT マルチ収納ケースが安くて便利!

ST-340とCB缶の収納には、WHATNOT(ワットノット)のマルチ収納ケースがめちゃ便利です。 ST-340とCB缶、シェラカップなどのクッカー類をまとめて1パックに収納できます。仕切りもマジックテープでレイアウトを調整できるし、コンパクトなのに何故だか収納力があるところが素晴らしいです。ミニマルキャンプにWHATNOTのマルチ収納ケースおすすめです。

CB缶2本にsnow peak(スノーピーク)のアルミクッカー、VARGO(バーゴ)のチタンマグ、シェラカップ、ウェットティッシュ等々、ソロ〜二人キャンプの調理器具なら、WHATNOTのマルチ収納ケースだけで済みます。 直径約115mm、高さ245mm、サイドポケットに内ポケット、モールシステムなど機能面も充実。サイズ感がちょうどいいんです。

WHATNOT製品の良いところは、ジッパー部分は頑丈だし、生地も丈夫です。アウトドア用品って素材が大事なんです。どの部分にどんな素材が使われているかで、長持ちするか壊れやすいかなどの良し悪しが決まります。なので、あまりにも安い釣具やキャンプ道具はあまりおすすめしません。その点、WHATNOT製品は今のところ故障や不具合にあったことはないので、素材と価格のバランスが良くておすすめできます。

コンパクトな収納ケースなのに、不思議とこんなにいっぱい収納できるんです。

焚き火道具を入れるのは、同じくWHATNOTの収納コンテナもおすすめ。こちらは上部が開いてるデザインなので、多少高さがはみ出るキャンプ道具も問題なし。汎用性が高い収納コンテナです。WHATNOT製品はデザインもいいし、機能面も良い割に値段が安いのがおすすめポイントですね。

WHATNOTの製品も無骨なデザインや機能性が好きなので、いつか記事にしたいと思います。

SOTO ST-340のデメリット

小さい調理器具は不向き

ST-340は中型の調理器具が使いやすいように、五徳と火口サイズがアップしました。しかしその反面、小型のシェラカップやマグカップを直火で温める際は注意が必要です。

五徳の内径はST-310もST-340も同じですが、ST-340は火口サイズがアップし、火の広がり方が広範囲に変更されたので、このまま火をつけると確実にマグカップの取手までアツアツになってしまいます。容量が小さいシェラカップも同様です。小さな調理器具を扱う際は、火傷に気をつけましょう

ST-340は単体だと風に弱い

ST-310やST-340は単体利用だと風の影響をもろに受けます。CB缶も剥き出し状態だし、クッカーやアシストグリップへの輻射熱の影響もあるし、安全面や利便性を考えるとテーブルや風防、アシストグリップは合わせて揃えておくことをおすすめします。CB缶上のデッドスペースがテーブルになるのは便利だし、純正のミニマルワークトップ(ST-3107)か他社製でもいいのでテーブルは合わせ買い必須かも。

SOTO純正のミニマルワークトップ(ST-3107)とST-340のセット品も販売されていました。

↓こちらはZEN CampsのST-310/ST-340用の遮熱板テーブル。ブラックでカッコイイです。

製品の値上がり

昨今のあらゆる素材の高騰により仕方ないことですが、ST-310と比べST-340は値上がりしました。2023年現在で千円以上の価格差。でもその分、火力や使いやすさも向上したので、気持ち的にはチャラにしましょう〜。

まとめ

SOTOの新型シングルバーナー、ST-340をカスタムして
キャンプを便利に楽しみましょう

●中型(Φ11〜19cm)の調理器具が扱いやすくなった ●火力が上がった ●CB缶仕様でキャンプ初心者にもおすすめ ●キャンプ道具で小型&軽量は大正義

ところで、ST-340のように小さくて機能的で良いデザインのモノって、なんだかトキメキませんか?男心をくすぐるというか。それでは、みなさんも素敵なキャンプライフを!



SHARE

シェアする

この記事のタイトルとURLをコピーする

TAGS

タグ

WRITER: tuna

観葉植物とカメラと釣りが好きな中年サラリーマン。ガジェットやインテリアは、レトロ&ハイテクが融合したデザインのモノが好き。

LATEST

最新記事

RANKING

アクセス数ランキング