ガジェット購入体験談ブログ ガジェコン

ガジェコン

釣り・アウトドア

2023.02.19

タウンユースで履けるスマートな釣り靴
ダイワ DS-2300Mをインプレ

ブランドDAIWA(ダイワ)
商品名DS-2300M(ローカット)/ DS-2300M-H(ハイカット)
サイズ展開24.0〜29.0
カラーブラック / モカ
技術特性生地:コーデュラ / 靴底:ビブラムソール / インソール:オーソライト®️
価格帯10,000円台

CONTENTS

目次

ダイワ DS-2300M(ローカット)について

  • 機能的でファッショナブル。デザインがGood!
  • スパイクピンが付いていないので、普段履きも出来る釣りシューズ
  • ヒモ結び不要のシステムで脱ぎ履きも楽ちん。
  • ビブラムソール&メガグリップの信頼感のあるグリップ力
  • つま先バンパーやコーデュラ素材など耐久性もある

釣行の度に普段履きのスニーカーやサンダルと釣り専用シューズを持って出かけると、荷物は増えるし履き替えるのも面倒くさい。荷物は出来るだけ最小限で済ませたい。タウンユースとして普段履きしつつ、スーパーへの買い出し前に少しだけ釣りしたい。かといって、釣りファッションってダサいものが多いので、陸っぱりの釣りくらい釣り靴も普段着に合わせやすくてファッション性の良いものを選びたいですよね。そんなジレンマを解決する夢の釣り靴が今回紹介するダイワ DS-2300Mシリーズです。ダイワのDS-2300Mは普段履きと釣り、どちらのシーンでも使えるデザインと機能性を備えたアウトドアシューズです。

ダイワ DS-2300Mはスパイクピンが付いていないので、普段履きとして街中のコンビニ・スーパーにも気兼ねなく入れるし、船釣りでボートシューズとしても使えました。デザインもスマートでシンプルだから色々な服装にも合せやすいです。靴底はビブラムソール&メガグリップでグリップも強力。インソールは履き心地の良いオーソライト®インソール 、つま先にはバンパーが備わっており安全性も確保され、生地は擦り切れなどに強いコーデュラ素材です。

デザインと機能が両立した普段履き兼用のかっこいい釣り靴に、ようやく出会えました。今回はダイワ DS-2300M(ローカット)を紹介します。同じシリーズでDS-2300M-H(ハイカット)もラインアップされています。

防水透湿性、耐久性、釣り靴として満足レベル

防水透湿性は想像以上でした。

実際に海で使用してみると、防水透湿性は想像以上に良かったです。小雨の降る小磯を歩き回りチェックしましたが、雨はもちろん多少の波しぶきを被ったくらいでは、靴の中まで濡れることはありませんでした。普通のヒモ靴と違い、靴内部のブーティーが隙間のないスリッポン型だから防水性が高いです。撥水性も良く、小雨程度であれば雨中での釣りも問題なかったです。ただ、ローカットは丈が浅いため、大雨や波打ち際など靴の中に直接水が入る可能性のある場合は、シューズに合わせる服装にも気をつけた方が良いですね。

透湿性も上々で、靴の中が蒸れることなく快適さを保っていました。防水・透湿性に関しては、正直想像以上の快適さで不満な点はありません。サーフ、ゴロタ岩、小磯、草むら、どこでも安全に快適に歩き回れます。

耐久性もある

1シーズン履き倒しましたが生地がくたびれる事なく糸のほつれもなく、丈夫さは実感しました。シューズ外側の生地は撥水性に優れ、擦り切れに強いコーデュラ素材が使われています。つま先にはトゥバンパーも備わっており、かなり頑丈です。ソールはヴィブラムソール&メガグリップ仕様で厚底のため、堅牢性と安心感があります。次は耐久性や機動力についてレビューしていきます。

濡れた岩場や砂浜での耐久性・機動力・グリップ力

高い防御力とグリップ力

ガラス瓶の欠片が散らばったサーフや、小雨で滑りやすい尖った岩場を歩きましたが、つま先も足裏もダメージはなく防御力は高かったです。特につま先のプロテクションはかなり頑丈に作られているので、安心感がありました。

雪国の場合、冬場は普段からスノーシューズを履きますが、底面のデザインは各社で違えどDS-2300Mと同様にビブラムソールのスノーシューズが多いです。私が履いているデサントの靴も、札幌で人気のコロンビアのサップランドも同じビブラムソールです。雪の積もり具合によってはスノーシューズに履き替えなくても、港湾くらいであればダイワのDS-2300Mでそのまま釣りに行けそう。スノーシューズのように完全防水ではないので、過信は禁物ですが。


機動性もすごく良い

DS-2300Mローカットの特長は普通のスニーカー感覚でありながら、耐久性・グリップ力・軽さの三拍子が揃っていることです。アウトドアのフットウェアに求める必要条件が備わっています。特にグリップ力については、藻が生えた濡れた岩場でも歩きましたが(もちろん慎重に歩きましたが)、安心して歩けました。履き心地も良く、私は靴擦れもありませんでした。

街中のコンビニ・スーパーへの立ち寄り、草むらやサーフ、キャンプ場から岩場、小磯まで、DS-2300Mなら行けない場所はないんじゃないかってくらい、機動性や履き心地は申し分なしです。頑丈さと軽量さを兼ね備えているから、山登りやキャンプなど色々なアウトドアシーンでも使えますね。私はキャンプの時にもDS-2300Mローカットを履いていくことが多いです。次は履き心地の秘密と脱ぎ履きが便利なスピードフィットシステムについて触れていきます。

履き心地抜群のインソールと、ヒモ結び不要のシステム

Ortholite® オーソライトインソール

インソールは大手スポーツメーカーも採用しているOrtholite® オーソライト製。軽量で衝撃吸収性もあるため、足場の悪い釣り場でのランガンにもうってつけ。クッション性が高いため疲れにくく、足腰への負担も軽減出来ます。DS-2300Mの軽快さや快適さは、Ortholite® オーソライトインソールの効果が大きいと思います。

ヒモ結び不要のスピードフィットシステム

DS-2300Mはヒモ結び不要のヒモ靴です。これは便利ですね!とはいえ、スピードフィットシステムの長さを都度調整する手間はあります。私は都度調整が面倒くさいので、最初に少しキツめにフィットさせて、二度目以降の脱ぎ履きは踵の輪っかを利用しています。サイズ感がちょうど良かったのか、中面のブーティーやインソールのクッションのおかげか、毎回長さを調整しなくても(長さ固定のままでも)、脱ぎ履きはスムーズです。

DS-2300Mのサイズ感とラインアップ

DS-2300M(ローカット)とDS-2300M-H(ハイカット)のラインアップがあります。小さいサイズ(24.0)はモカのみで、逆に大きいサイズ(29.0)はブラックのみのラインアップになっています。カラーバリエーションから見ると、男女差を鑑みての展開でしょうか。モカは女性が履いても似合いそうですね。私の場合、普段靴は26.0〜26.5cmを履いていて、DS-2300M(ローカット)は26.5cmを選びました。サイズ感はちょうど良かったです。ただ、アウトドア系の靴は少しキツめのフィット感の方が安心するので(ズレたりしなくないので)、26.0cmにしても良かったかもと思いました。サイズ感は普通のスニーカーと同じサイズ感で選べば大丈夫だと思います。

品名カラー24.025.025.526.026.527.028.029.0
DS-2300M ローカットブラック
モカ
DS-2300M-H ハイカットブラック
モカ


ダイワ DS-2300Mのおすすめポイント

DS-2300M(ローカット)について気に入っている点をまとめます。デザイン性が高く普通のスニーカー感覚で履けること、安全性もあり過酷なアウトドア環境でも軽快に歩けることです。ジーンズやチノパン、レインスーツなど、どんなファッションにも合わせやすいデザインは特に気に入っている点です。

やっぱりダイワはアパレル関係に強いですね。ファッショナブルで機能的なモノづくりが得意なメーカーという印象です。ダイワとシマノはよく比較されるけれど、一消費者としてのイメージはシマノは「伝統」、ダイワは「革新」といった印象です。その革新というキーワードは、流行り廃りのあるアパレル商品においては重要な強みだと思います。ダイワはファッション性が高い釣具メーカーですね。

さらにおすすめポイントがあります。メガグリップは溝の間隔が広いため、砂や小石がソールに挟まり難くく洗い流しやすい(掃除しやすい)んです。靴裏のデザインにもよりますが、一般的なスニーカーの場合、砂利や小石が挟まって洗い流せないことってありませんか?メガグリップなら靴を洗う時は楽ちんです。DS-2300Mについてデメリットや不満な点はさほどないのですが、ソールが厚底のため床が平らなボートフィッシングの場合は底面の感触がややにぶるといったところでしょうか。船釣りの場合は、やはり平べったい船専用シューズの方が安定感や機動性はあると思います。

最後に、今回の記事ではブラックのレインスーツと合わせた写真が多かったので、チノパンと合わせた写真も参考までに載せておきます。一般的なフィッシングシューズだとゴツくてダサくて普段着には合わせにくいですが、DS-2300Mは幅が細身のスマートなシルエットだから、普通のスニーカーとさほど変わらない見た目と軽快さがあります。このスマートさがDS-2300Mのカッコ良さの秘訣デザインですね!ブラウン系のチノパンと合わせるなら、靴の色もやっぱりモカの方が合いそうですね。でもまあ、ブラックはどんな服装にも合うので無難なチョイスとしてはおすすめですよ。

まとめ

デザイン性、防水透湿性、防御力、快適さ、すべてが高機能でファッショナブル。言うことなしの満足シューズ。

●シルエットが細身スマートでかっこいい釣り靴 ●シンプル且つ細部までこだわりを感じるデザイン ●ローカットは軽くて普段履き感覚 ●軽くて機動性が高い ●メガグリップは洗う時が楽ちん ●コーデュラ、ヴィブラムソール、オーソライトインソールの3拍子は大正義

安全性、耐久性、快適性、デザイン性、すべて良し!のダイワのDS-2300Mはかっこいい釣り靴です。おすすめです!




SHARE

シェアする

この記事のタイトルとURLをコピーする

TAGS

タグ

WRITER: tuna

観葉植物とカメラと釣りが好きな中年サラリーマン。ガジェットやインテリアは、レトロ&ハイテクが融合したデザインのモノが好き。

LATEST

最新記事

RANKING

アクセス数ランキング