ガジェット購入体験談ブログ ガジェコン

ガジェコン

暮らし・インテリア

2022.10.27

カリタ(Kalita)スローG15の手挽き感やお手入れ方法は?
一人暮らし&キャンプで使えるコードレス電動コーヒーミル

ブランドKalita(カリタ)
商品名スローG15
サイズ長さ7.6 x 幅7.6 x 高さ24.1 cm
本体重量340g
電源単三アルカリ乾電池 4本(別売)
連続使用時間5分
ホッパー容量約15g 粉受け容量:約15g(中挽)
材質本体/ABS樹脂 回転軸/ポリアミド66 カッター/セラミック磁器
原産国日本
価格帯3,000円台〜

CONTENTS

目次

カリタ(Kalita)スローG15は、こんな人におすすめ

  • 手挽きの手間を省いてラクしたい人
  • コンパクト&コードレスで使い勝手良く収納したい人
  • アウトドアでも挽きたてのおいしいコーヒーを飲みたい人

コンパクトでコードレス、インテリアとしてもGoodなデザインで手挽きのようなコーヒーを挽くことが出来る。そんな電動コーヒーミル、カリタ(Kalita)のスローG15を紹介します。

やっぱり電動はラク。1杯分を5分かけて挽くスローG15の特長

スローG15は、カリタの手挽きミルシリーズの一つで、「朝の忙しい時間帯でもおいしい1杯を楽しみたい」、「キャンプなどのアウトドアでも挽きたてコーヒーを飲みたい」、そんな1杯に特化したコーヒーミルです。

1杯分(15g)を約5分かけて丁寧に挽きます。手挽きのようにゆっくり挽くことで摩擦熱が少なく酸化を抑え、微粉も出にくくなっています。コーヒー1杯に5分もかかるの?と思うかもしれませんが、例えば朝だったら挽いてる間に、顔を洗ったり植物に水をあげたり、別のことが出来るので実は効率的だったりします。そうしている間にお湯も沸いて、挽きたて淹れたてのおいしいコーヒーが出来上がります。やっぱり電動は楽だし便利です。

肝心の味ですが、手挽きのようなムラも出にくく、個人的には手挽きと変わらない味わいだと感じています。

挽き方は簡単。上部キャップを外し、グラインダーの上部にある隙間から豆を入れます。キャップを閉じてボタンを押し、あとは5分間待てば下のホッパーに粉が溜まります。豆の分量や粗さ調整によって、挽き終わりの時間は多少変わります。私の場合は中細挽きくらいの設定で、3-4分くらいでした。挽き終わった後もグラインダーは動き続けますが、タイマーストップ機能が付いているため、5分経つと自動的に止まります。

ホッパー容量は15g=1杯分です。多少無理して2杯分くらい豆を挽いたことがありますが、容量やパワー不足のためか、途中で止まってしまうことがありました。ネットのレビューなどを見ると、固い豆の場合もパワー不足で止まってしまうことがあるようです。おいしいコーヒーのためと思って、無難に1杯ずつ丁寧に挽くことをおすすめします。

コンパクト&コードレスで使い勝手が抜群

単三アルカリ乾電池式でコードレス&コンパクトだから、どこにでも置けるので収納には困りません。どんな製品でもそうですが、コンパクト&コードレスのモノは使い勝手抜群です。

キャンプやアウトドアにスローG15を持っていけば、大自然の中で挽きたてのコーヒーを楽しめます。野外での挽きたてコーヒーの味は格別だと思います。

アウトドアでの携帯性も鑑みて、上部キャップにはストラップホルダーも付いています。

粗さ調整ダイヤル付きで、挽き方も自由に調整

ホッパーを外すと、グラインダーの裏面にダイヤルが付いています。手動のコーヒーミルと同様にダイヤルを回すことで粗さ調整が出来ます。

スローG15で豆を挽いてみました。ダイヤルを時計回りに回せば細挽きに、反時計回りなら粗挽きになります。目安になるようなメモリはないため、何度か試して好みの粒度に調整してみてください。粗挽きになるほど苦味が少なく酸味が強くなる傾向で、細挽きになるほど苦味やコクが強くなる傾向です。バランス良く飲みたい場合は中細挽きが一般的ですかね。

補足

刃はセラミック磁器製カッターで、豆を淹れる部分から覗くことが出来ますが、取り外しは出来ないようです。手入れは水洗いが出来ないので、私は軽く叩いて微粉を落としたり、乾いた布やティッシュで拭いたりしています。もっと良いお手入れ方法があったら教えて欲しいです。

まとめ

カリタ(Kalita)のスローG15は使い勝手が良くて、手挽きの格別感を味わえる電動コーヒーミル。

●コンパクト&コードレスは使い勝手が良い ●いつでもどこでも挽きたてコーヒーの味と香りを楽しめる ●手挽きと変わらない味わい

以上のことから、カリタのスローG15をおすすめします。


SHARE

シェアする

この記事のタイトルとURLをコピーする

TAGS

タグ

WRITER: tuna

観葉植物とカメラと釣りが好きな中年サラリーマン。ガジェットやインテリアは、レトロ&ハイテクが融合したデザインのモノが好き。

LATEST

最新記事

RANKING

アクセス数ランキング